京都・大阪・滋賀会社設立サポートセンター

LLP・LLCの設立

LLPの設立


LLCとは、「有限責任事業組合」ですが、日本では「合同会社」と呼びます。
ここでは、LLCの特徴を解説致します。



 LLPとは
LLPは、Limited Liability Partnership(リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ)の略名です。日本語では「有限責任事業組合」と呼びます。
日本のLLP法は平成17年8月1日に施行されました。
LLPの特徴としては、以下の3つが上げられます。

従来の合名会社、合資会社は損失に対しては無限責任制でしたが、LLPは損失の責任は、組合員の出資額が限度と定めております。
また、税金面でLLPの損失は、組合員が別事業であげた利益と合算することが出来、税額を少なくすることが可能となります。


・有限責任制
有限責任性とは、出資者が出資額までしか責任を負わなくてもいいということです。
もし出資金以上の負債を抱えてLLPが解散することになっても、出資者はそれぞれの出資金の額を限度として、それ以上の責任を負いません。



・内部自治原則
株式会社では、持ち株数に応じて票数が決まるので、持ち株数が多いほうが発言力があります。
利益配分に関しても同様で、持ち株数が多いほど利益も多く配当されます。
株式会社のルールは法律によって細かく定められています。
これがLLPだと、出資金額の比率に関係なく利益分配率を(技術やノウハウ、貢献度などにより)自由に決めることができます。
また、取締役会(新会社法施行で設置義務なし)や株主総会を設置しなくてすむので、迅速な意思決定ができるというメリットがあります。
LLPは、自由なルールを設定でき、使い勝手がよい事業体と言えます。

・構成員課税(パススルー課税)
LLPは法人ではありませんので、LLPの組織には法人税が課税されません。
出資者の利益に対して課税されます。
LLPに法人税が課税された上に、さらに出資者の利益配分にも課税するといったニ重の課税がありません。
法人税の負担がないのはLLPの最大のメリットと言えます。



・LLP/LLCの設立

・LLCとは

・LLPとは

 

 


当事務所をもっと知って頂くために、下記をクリックしてみてください!

▲料金表 ▲事務所紹介 ▲スタッフ紹介 ▲設立までの流れ ▲地 図

▼会社設立に関する無料相談お問い合わせはこちらから▼
0120-872-400
無料相談実施中!
トップページに戻る


会社設立無料相談会

助成金無料診断実施中

contents  menu

事務所 所在地
京都市中京区七観音町623番地
第11長谷ビル5階

京都事務所:地下鉄四条駅 徒歩3分
map
大阪事務所:地下鉄谷町四丁目駅すぐ

滋賀事務所 JR草津駅東口徒歩30秒


 

 





会社設立サポートセンター





相続遺言相談所



借金問題解決サイト


mishukinside.PNG




株式会社人事部