創業時の助成金の種類

「助成金」とは返済不要のお金の事を言います。融資というものは、公的機関・民間機関問わず返済が必要になりますが、当然こちらには金利も発生します。また、融資には第三者の保証や、土地などの不動産を担保として求められるケースが多いです。資金調達として同様に考えられる事もありますが、融資と助成金には返済をする必要があるか、ないか、という大きな違いがあります。下記を参考に、助成金について確認していきましょう。

 

助成金の種類

助成金には、大きく分けて経済産業省所管のものと、厚生労働省所管の2つがあります。

 

1)経済産業省所管の助成金

主に、新技術や新製品の研究・開発や、IT事業等の専門分野を対象としている。そのためかなり厳格な審査があり、必ず受給出来るものではない。

 

2)厚生労働省所管の助成金

事業所が納付する「雇用保険料」をその原資としているもので、創業後に従業員を雇用し、雇用保険に加入する事で申請が可能となるが、条件さえ満たしていればどのような会社でも必ず受給が可能。会社設立後、従業員を雇う事を検討している経営者の方は、覚えていた方がよいでしょう。

 

上記を見比べてみれば一目瞭然ですが、企業する際に狙いやすい助成金は厚生労働省所管の助成金です。厚生労働省の助成金には、企業当初に受給が可能な数十万円~数百万円規模の助成金が複数あります。起業をする前からこういった助成金の獲得を視野にいれて準備をしていけば、必要なものや準備する内容を事前に把握できるので、起業時にスムーズに助成金を受給する事が出来るのです。

 

助成金受給はタイミングが命です

助成金の申請は、タイミングがとても大事なポイントとなります。助成金の受給要件の中には、会社設立前に届け出が必要であったり、人を雇用する前に届け出をしないといけないものがあります。このタイミングを逃してしまうと、本当はもらえるはずだった助成金を受け取れない事になってしまいます。

 

融資と助成金の大きな違いとして、融資は審査が通れば、申込から融資実行まで一ヶ月~一ヶ月半ほどで速やかに実行されますが、それに対し、助成金は企業当初かかった設備投資や人件費の一部が半年~一年後に返ってくるとという流れになります。

融資は実行された資金を使い設備投資や運転資金としますが、助成金は先に支払ったお金が後から戻ってくる、と考えるとよいと思います。

会社設立サポートについて

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル5F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別