株式譲渡制限について

会社設立をする際、出資者が必要ですが自分以外の第三者が出資者として介入する場合、株式譲渡には取締役会の承認を必要とするなどの制限を付けることをお勧めしております。
会社とは全く関係のない人が会社が把握していないところで株主になってしまうというような事態を防ぐ為です。

全ての株式に、会社の許可なしに株式を譲渡してはいけないという譲渡制限が付いていている会社を「非公開会社」といいます。
反対に、譲渡制限がついていない会社を「公開会社」といいます。
会社の出資者が自分1人の場合でも、非公開会社にのみ認められている規定(取締役などの任期を10年にまで延ばすことができるようになる)のように非公開会社特有の規定も多くありますので、特に譲渡制限を付けない理由がない場合には、全ての株式に付けておいた方が良いでしょう。

会社設立サポートについて

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル5F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別