会社設立時の資金調達

ここでは、会社設立時の資金調達についてご案内させていただきます。

会社設立時には、事業運営に必要な資金を調達する必要があります。事業運営に必要な十分な自己資金が無い場合には、金融機関等から融資を受けて資金調達をします。

どれくらいの資金が必要なのかは会社の規模や事業内容によって考えていく必要がありますが、3ヶ月目で資金がショートしてしまった・・・では、社会的信用を得ることはできませんので最低限1年間くらいの運営資金の調達が必要といえます。

さらに会社を運営する上では設備を整える必要があります。最低限の設備投資ができる資金の準備が必要です。

上記のように会社設立をする上での資金は額も大きくなってしまいます。ご家族や親族、知人などの方からの借入が手っ取り早く資金を調達できそうに思えますが額が大きいと、そう簡単に借入することもできません。1000万円単位の借入になる場合、親族とはいえ契約書を交わしておいたほうが良いでしょう。

会社設立の資金調達の方法としては、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や保証協会を使った民間の金融機関からの融資、地方自治体の制度融資、認定支援機関を活用した金利の優遇制度などがあります。

ここではどこが融資を受けやすいか、制度活用のポイントなどをご紹介させていただきます。

会社設立時の資金調達について

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    志賀事務所
    草津駅 目の前(東口)
    草津市大路1丁目1番1号 エルティ932-1F
  • 大阪事務所

    大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別