会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

京都市

京都の方より会社設立の助成金についてのご相談

2020年09月14日

Q:司法書士の先生にご相談なのですが、友人と会社設立を考えており、受け取れる助成金や補助金があるのか教えてほしいです。(京都)

私は京都の呉服屋で販売員として働いています。生まれ育った京都でこれからも仕事がしたく、地元の友人と会社を設立しようと計画しています。業務内容としては訪日外国人向けへのビジネスで、着物を着付け、写真撮影及び着物の販売をするというものです。現在、開業に向けて少しずつ準備を進めていますが、会社設立時には助成金や補助金が受け取れると聞き、ぜひ利用したいと思っています。しかし、どこでどのように受け取るのか、自分たちのビジネスが対象になるのかどうかも知識がなく全くわかりません。

そこで司法書士の先生にどのような助成金や補助金があるのか、またそのメリット等も詳しく教えて頂きたいです。(京都)

 

A:会社設立時の助成金、補助金について、まずはお気軽にご相談ください。

会社設立の際は慣れていないと分からないことも多いので専門家に相談することをおすすめいたします。弊社、京都・大阪・滋賀 会社設立サポートセンターでは助成金や補助金の種類から、要件が揃っているのか、申請方法まで様々なご相談をお受けしています。ご質問いただきました、助成金、補助金のメリットとして、基本的に融資や借入のように後々の返済が必要ない点でございます。補助金、助成金の制度については主に国、地方自治体、公益団体、または民間企業なども行っていますが、その種類や適用要件は多岐に渡ります。まずは、各団体別で助成金や補助金のポイントを整理し、ご自身の設立する会社やビジネスが、どの団体の制度とマッチするのか確認する必要があります。サポート目的や対象業種、雇用内容など様々な項目で照らし合わせることになり、ご相談者様ご自身での判断が難しいと感じた場合は、会社設立の経験豊富な我々にお任せくださいませ。

京都・大阪・滋賀 会社設立サポートセンターは、京都を始めとした関西エリアで起業をお考えの皆様のお手伝いをさせて頂いております。助成金は受給できれば会社設立だけでなく、今後の事業展開にも大きく影響致します。当センターでは、ご相談者様それぞれのビジネス内容や方針についてしっかりとヒヤリングを行い、どの助成金、補助金が適用できるかをご提案しています。また申請書類の作成から、行政機関への複雑なお手続きの代行サービスもございます。京都周辺で会社設立をお考えの際には、ぜひ我々京都・大阪・滋賀 会社設立サポートセンターにお問い合わせください。初回は相談無料です。皆様からのご連絡、スタッフ一同心よりお待ち申しあげております。

烏丸の方より会社設立のご相談

2020年07月09日

Q:烏丸で会社設立を検討中です。資本金がどのくらい必要なのかを司法書士にお聞きしたいです。(烏丸)

現在、大阪で会社勤務をしておりますが、将来的に地元の烏丸でショップをはじめたいと思っています。運転資金がかなりまとまってきましたので、そろそろ現実的に実行へ移そうと思います。まずは烏丸で店舗経営をして、いずれは支店を増やし事業を拡大していきたいので株式会社での設立を予定しています。そこで、資本金について司法書士の先生にお伺いしたいのですが、どのくらい用意しておけばいいのか、また今は1円から設立ができるという話も耳にしたので、そちらについても教えて頂きたいです。(烏丸)

 

A:資本金は設立時に設定しますが、資本金を1円にする事はおすすめいたしません。

株式会社の資本金について、平成18年度に制定に制定された会社法により最低資本金制度が撤廃され1円からでも設立をすることが可能になりました。これにより、以前よりも会社を設立したい方の負担は低くなりましたが、実際に株式会社を立ち上げる場合に資本金を1円に設定することはおすすめいたしません。

資本金とは、一般的には会社を開業する際の運転資金としますので、資本金が多ければ多いほど、取引先関係の方に将来的にも安定して事業を運営していく事ができるであろうという判断してもらえ信頼を得やすくなります。これに対して、資本金が1円であったりかなり少ない会社だった場合、取引先から事業を進めていく中で利益がでる前に運転資金が足りなくなるのでは、といった印象を与えてしまうかもしれません。こうなると、融資を受けたい場合に難しくなってしまうことも考えられます。

資本金として適当な額というのは、その会社の事業内容や規模にもよります。ご自身が検討している事業ではどのくらいが相当なのか気になる方は、専門家へと相談をすることをおすすめいたします。資本金については、その内容により税金面での注意点がでてきますので、詳細を聞きたいという方は会社設立を専門に取り扱う事務所へと相談をしましょう。

 

京都大阪滋賀会社設立サポートセンターでは、烏丸をはじめ京都の皆様の会社設立に関するお手伝いをいたします。資本金についてのご相談や、会社設立に関するご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。無料相談をご用意しておりますので、まずは無料相談にて現在のご状況をお聞かせ下さい。烏丸の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

京都の方より会社設立についてのご相談

2020年06月09日

Q:会社設立に際して、商号をつけるのに注意点などはありますか。(京都)

京都で会社設立を検討している者です。現在、個人事業主ではなく株式会社の立ち上げを考えており、商号を決めている最中です。商号にしようと考えていた名称が、すでに京都市内にある別の業種で使用されていました。このような場合、同じ商号を使用することは可能でしょうか。その他にも、商号を付ける際に注意点などがありましたら、教えていただきたいです。(京都)

 

A:会社設立時の商号の決め方には規定があります。

会社設立時には、様々な規定があります。株式会社の商号を決める時にどのような点に注意をしなければならないのかお伝えいたします。株式会社の会社設立時には、事業目的や本店の所在地などを記載する「定款」というものを作成します。また、定款は会社の商号も絶対的記載事項となっています。

商号を決める際のルールと注意点は下記にまとめましたので、参考になさってください。

 

  • 使用できない文字がある。

漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字・アラビア数字などは使用可能です。記号については、使用できるものもありますが、「!」や「?」などは使用できません。

  • 会社の種類を入れなくてはならない。

株式会社は必ず商号に「株式会社」と入れる必要があります。反対に「合同会社」や「合資会社」といった文字を商号に使用することはできません。

  • 特定の語句や名称は使用できない。

「支社」や「支店」などといった会社組織の一部を示す言葉は使用できません。また、「銀行」や「保険会社」といった誤認されるような名称や公序良俗に反するもの、法律で禁止されている名称を付けることはできません。

  • 同一の所在に同一の商号がある場合は使用できない。

なお、同一の市区町村内にある他社がすでに使っている商号でも、住所が異なっていれば使用することが可能です。

 

ご相談者様の場合、所在地が同じでなければ同一の商号を使用することが可能ですが、明らかに同業態の場合や、商標登録されているような有名企業と同じ商号を使用することは、顧客が混同するなど相手先とのトラブルが発生する可能性もありますので、お勧めしません。

 

会社設立に関してお困りの方は京都・大阪・滋賀会社設立サポートセンターまでお問い合わせ下さい。初回の相談は無料ですので、まだ会社設立を検討中という方にもお気軽にご利用いただけると思います。当センターは京都の方の会社設立のお手伝いを多く手掛けておりますので、京都で起業をとお考えの方はぜひ京都・大阪・滋賀会社設立サポートセンターの無料相談へとお越し下さい。

1 / 1012345...10...

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル2F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別