相談事例

四条の方より会社設立についてのご相談

2021年05月07日

Q:四条で会社設立を検討しているのですが、定款について司法書士の先生にお伺いします。(四条)

初めまして。私は四条で会社設立を検討している四条在住の夫婦です。主人と私は京都で、主人は料理人として、私は仲居として長年働いてきました。今回子供が大きくなって手がかからなくなったのを機に、主人の生まれ育った四条にて小さな料理屋を開く計画が進んでいます。現在は資金の調達や、不動産探しを行っています。店に関しては、多店舗での経営になる可能性もあるのでこの際株式会社を設立しようと考えています。ただ、主人も私も会社設立の経験はなく、事務的な作業が進まず困っています。そもそも定款とは何なのか等、初歩的な問題で作業が止まっています。定款について、私たち料理人でもわかるようにご説明いただけると助かります。(四条)

A:定款とはその会社の根幹となる規則のことで、株式会社設立の際に必須となります。

定款は、その会社の規則のことで会社設立を検討される方は必ず作成する必要があります。まず、定款には会社名(商号)、事業内容、本社所在地、取締役選任に関するルールなどを記載します。また絶対的記載事項という、必ず記載しなければなない事項があり(内容は下記をご参照下さい)、記載がない場合には定款自体が無効となりますので注意してください。また、絶対的記載事項の他にも、相対的記載事項と任意的記載事項があります。相対的記載事項は記載をしていなくても定款として有効ですが、規則としての効力は持ちません。任意的記載事項は、任意の記載事項となります。いずれにせよ、間違いがあると無効となってしまいますので、定款の作成は、会社設立の専門家である当センターの司法書士へご依頼ください。

【絶対的記載事項】

①目的
②商号
③本店所在地
④設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
⑤発起人の氏名または名称及び住所

※上記にない「発行可能株式総数」を原子定款に記載しない場合は会社設立の登記までに追記します。

また、飲食店を開業される場合、飲食店を行うために必要な営業許可申請が必要です。絶対的記載事項で記載する①目的が業種に沿ったものである必要があるため、事前に内容の確認をします。

京都・大阪・滋賀 会社設立サポートセンターは、四条で起業を検討されている方のお手伝いをさせて頂いております。四条で会社設立についてお困りの際は、当センターへご相談下さい。ご相談者様の現在の状況や、今後の方針等をおうかがいし、四条の皆様の親身になって最善のご提案をさせて頂きます。関西地域の皆様の会社設立の専門家として、申請書類の作成から、行政機関への申請代行も行っております。四条周辺で会社設立についてお困りの際は、当センターへお任せ下さい。初回相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル2F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別