相談事例

四条の方より会社設立のご相談

2019年03月04日

Q:会社設立の準備をしています。資本金はいくらに設定すべきでしょうか?(四条)

今、四条で飲食店を開店する予定で準備を進めています。四条以外の土地でも今後チェーン展開化も考えている為、株式会社で会社設立を行おうかと思っています。会社設立にあたり資本金を決めているのですが、いくらぐらいにするべきか悩んでいます。資本金額にルールはあるのでしょうか?(四条)

A:会社設立の資本金に金額の決まりはありません。

以前は最低資本金制度というものがあり、株式会社では1000万円以上、有限会社では300万円以上の資本金を用意しなければならないというルールがありました。しかし現在はその決まりがなくなり、資本金1円でも会社設立を行えるようになりました。ただし、いくら資本金が1円でよいとされても、適切かどうかは別問題かと思います。

資本金とは、会社がスタートする時点で持っている運転資金と考えられます。よって一般的には資本金が多いほうが、取引先や金融機関からの信用が高くなると言えるでしょう。ただし、資本金により支払う税金の額に影響があるので、よくよく検討する必要があります。例えば以下のような場合です。

 

①会社設立時の資本金が1000万円未満だと最大で2年間消費税が納付免除となる。(ただし、2期目には資本金以外にも条件を満たす必要あり。)

②法人住民税が1000万円を超えると高くなる。

法人住民税は「法人税割」と「均等割」で構成されています。1000万円を超えると「均等割」の部分が高くなります。

 

また会社設立とともに、事業の種類によっては許認可の手続きを行わなければいけないものもあります。中には財産的要件が決められていて、資本金と関係してくるものもあるので、先に確認をしましょう。

 

京都・大阪・滋賀 会社設立サポートセンターでは四条近辺で起業を行う皆様を全力でサポートいたします。些細なこともお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル5F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別