事業目的のポイント

会社の登記の際に押さえておきたいポイントの一つが会社の事業内容(事業目的)です。
個人事業主としてこれまでに行ってきた事業や、会社として成ってからすぐに始める事業のほか、将来展開を考えている事業についても掲げておくことをお勧めいたします。

これは、事業目的に掲げた事業は設立後ただちに開始しなければならないわけではないためと、すでに会社を設立した後に事業目的を変更する場合、再度登記が必要になるためです。
将来行う予定の事業についてもあらかじめ登記に盛り込んでおけば、実際にその事業を始める際に登記の必要がないため、時間とお金を節約できます。

ただし、あまり関連性のない事業目的をやみくもに増やすことは会社の事業内容を不明確にしてしまいます。これは金融機関に融資を申し込む際などに、あまり良くない印象を与えてしまう可能性がありますので、よく計画を立てて事業目的を掲げるようにしましょう。

 

事業目的は、登記申請などの手続き上問題がない表現にする必要があります。 「明確性」「具体性」「営利性」「適法性」これら4つが満たされているか確認する必要があります。

eighomokuteki

 

 

会社設立サポートについて

フリーダイアル:0120-872-400

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

F&Partnersグループの安心サポート

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム

アクセス

  • 京都事務所

    司法書士/行政書士/
    社会保険労務士

    京都事務所
    烏丸御池駅 徒歩3分
    京都市中京区七観音町623番地第11 長谷ビル5階
  • 滋賀事務所

    司法書士/行政書士滋賀事務所
    草津駅 徒歩5分
    滋賀県草津市野村1丁目2番16号
  • 大阪事務所

    司法書士/行政書士大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
    大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F
  • 東京事務所

    司法書士/行政書士東京事務所
    東京都千代田区神田美倉町10番地 喜助新神田ビル5F
  • 長野事務所

    行政書士長野事務所
    長野県松本市本庄1丁目3番10号 大同生命松本ビル8F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別